• 介護福祉経営士の役割とは

    介護福祉経営士とは、介護福祉に関する法制度や財務会計、リスクマネジメントや人材育成など多岐にわたる知識を修得した上で、現場でその知識や役割を発揮することができる介護福祉分野での経営を担う専門職です。
    安定した福祉事業経営を実現して、より良いサービスを提供することや地域に寄り添ったニーズに対応すり新しいサービスを開発する立場として、その役割はとても重要な存在です。



    この資格を取得するには、年齢や学歴、国籍などの制限はありません。出題科目内容は2級では経営学基礎として、仕組みや技術の進歩、報酬制度や多様化する福祉サービスについてです。1級となると、財務会計やマネジメント、リーダーシップとメンバーシップなどの実践に生かしていける内容が出題されます。

    この資格は最近新たに出来たもので、試験の合格率は6割ほどとなっています。



    受験しているのは、ほとんどが介護に携わる仕事をしている方々ばかりで、どうにか現場を立て直そうという意欲が伺えます。

    ますます超高齢社会が進んでいく中で、このままの決まりきったサービスを提供するだけではいけない、というのが現状です。
    事業所のサービス格差や慢性的な人手不足、職員の待遇の悪さなど、まだまだ課題が多いのが介護業界です。


    これらの課題を克服しながら、経営者が広い視野を持って会社をマネジメントすることが必要になります。

    最先端の朝日新聞デジタルの正しい情報を手に入れましょう。

    今はまだマイナーな資格ですが、これからの超高齢社会を支える為には必要な人材でしょう。