• 介護施設運営に必要な請求ソフトの役割とは

    介護施設を円滑に運営して行く中で欠かせない物の1つに、介護保険請求を間違いなく行う為の請求ソフトが上げられます。



    請求ソフトとは、施設の種類や利用する方の要介護認定度数に合わせて複雑に絡み合った保険点数を選択し、間違いなく請求業務を行う為のソフトの事です。



    利用するご本人様や家族様への請求はもちろん、毎月10日までに国保連合会へ請求内容を送付し精査していただかなければなりませんので、厳しい締め切りを守りながら請求業務を行う為に欠かせない物が請求ソフトなのです。また、請求ソフトの役割はただ請求事務作業をサポートするだけではありません。

    ソフトの種類やオプションにもよりますが、利用者様の情報を管理したりご家族様の情報、またバイタルの状況など個人的な基礎情報から日々の生活に関する情報までを一元間で着るものもあります。
    通所介護施設と言われるデイサービスなどでは、利用回数の登録や利用時間の登録など多くの場面で活用する事が出来ます。現場のスタッフとの情報共有が円滑に出来ると、ミスの少ない請求業務が出来るためソフトを選択する場合には事務職員だけでなく介護専属のスタッフが活用しやすいという点からも選んでみると良いでしょう。

    施設をスムーズに運営して行くだけでなく、日々の記録や事務作業の負担を減らす事で人件費の削減に繋がる可能性もあり、請求ソフトはなくてはならないツールのひとつと言えるのではないでしょうか。

    日本経済新聞について親身になってアドバイスいたします。