• 安定した介護の経営を行うためには

    高齢化社会が加速する日本においては、介護業界のサービスの充足や、質の高いサービスの提供は必要不可欠と言えます。
    近年は働き盛りの世代が、倒れた親の生活支援を行うために職場を退職せざるを得ない状況も起こっています。



    このことは日本経済にとっても損失であると言われ社会問題になっています。

    これらの問題を打開するためにも、介護業界の充実と発展のためには、安定した経営が行われることが重要になります。
    社会的なニーズが高いこの業界ですが、現場職員の離職率が高いことでも有名です。平成12年4月に介護保険法が施行されてからは、いわゆる経営の専門家である多くの民間企業がこの業界に参入してきました。

    しかしながら、安定した経営を行うことが困難であると判断して撤退していった企業も少なくありません。

    日常生活に様々な支援が必要な高齢者を支えることは簡単なことではありません。


    事業所の収入の大半は、サービス提供によって支払われる介護報酬に依存しています。

    利用者に選ばれる事業所になることが、高い稼働率を維持して安定した経営ができる事に繋がります。

    日本経済新聞に関する有益な情報が満載です。

    選ばれる事業所になる為には何が大切でしょうか。


    高齢者の支援に直接かかわっているのは現場の職員です。
    会社や企業が大きな理念を掲げてサービス提供を約束していても、現場の職員の働き方がその評価に多大な影響を及ぼします。

    現場の職員がような意識を持って働いているか、高齢者へどのような介護を行っているのかが重要です。



    離職率が高ければ安定したサービス提供も困難になる場合があります。職員を教育し学べる環境を整える等、一人一人の職員の質を上げて継続して働けるように職員のモチベーションを保っていくことが安定した経営を行うためには重要なことと言えるでしょう。