• 介護事務の時短になる請求ソフト

    介護事務は、月の終わりごろから10日までに国保連へ介護の予定・実績を郵送や伝送で報告する介護請求業務が主な仕事となります。

    日本経済新聞に関する詳細はこちらです。

    この請求によって事業所や施設は介護報酬の9割を受け取ることができるのですが、この請求業務を自力で行うと事務員の負担は非常に大きなものとなります。
    なぜなら、この請求は入所者全体をまとめて行うのではなく、一人一人の予定・実績に基づいて行う必要があるからです。
    つまり、利用者が増えれば増えるほど、請求業務にかかる時間も手間も増えるのです。また自力での請求書作りで避けられないのがミスです。単純な入力ミスや計算ミスなどがあると、国保連から返戻されることとなり、ミスを修正して送り直さなければいけません。

    この時、郵送で贈っていた場合、返戻されるまでに期間が空いてしまうことから、次の請求書を郵送する際に一緒に贈り忘れてしまうなどのミスがでてくる可能性もあります。



    このように介護事務は負担の大きな業務ですが、その負担を解消することができるのが専用の請求ソフトです。


    請求ソフトを活用することで、請求に必要な資料の作成をすぐに行うことができますし、ソフトによっては伝送サービスが整っているため、簡単に国保連へデータを送ることができるようになります。



    万一、返戻があったとしても、請求ソフトを通じてすぐに返戻通知も受け取ることができるため、修正も容易になるのです。


    このように事務作業の負担を減らし、時短をすることができるのが請求ソフトの魅力なのです。